過食とは意志に反して止まらないひどい食べ過ぎが続く状態のことです。

過食の原因と仕組み

過食とは?イメージイラスト

過食や過食嘔吐など、止まらない食べ過ぎに苦しむ人が増えています。

過食という名の自傷行為。
過食という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
単に食べ過ぎが続いてるくらいにしか本人が気づいていない場合から止まらない過食そして過食嘔吐まで。
多くの人が食べることに苦しみ振り回されている現状があります。
過食しているほとんどの女性が人前では食べ過ぎない。
自宅で食べ過ぎを続けていても他人には隠している。
そういったこともあって世間では過食という名称さえ知らない人達もいます。
しかし実際には食べることで苦しんでいる女性の数は相当なものだと実感しています。

 

10代で摂食障害としての拒食に苦しんで学校に行けなくなる…

そしてその後は拒食期に対する反動としての過食症や過食嘔吐になるパターン。

 

10~20代に多い無理なダイエットや拒食の後にリバウンドとして起きる食べることが止まらない過食。
極端な痩せたい願望に対する無意識的反動としての過食症や過食嘔吐パターン。


社会人になってから始まる人もいます。

休みの日になると食べ過ぎが止まらない。

仕事や家族関係などストレスがかかると過食してしまう。

そんな意に反して食べ過ぎてしまうといった程度から、

毎日続く過食嘔吐や止められない下剤の乱用によって歯や内臓がボロボロになる人までいます。

さらに他人の目への極度の緊張からうつ病やひきこもりといった気分障害が併発されることも多いです。

 

そういった意に反して繰り返してしまう食べ過ぎが止まらない状態。

摂食障害としての拒食症や過食嘔吐。

それらに対して適切なアプローチが見あたらない現状があります。

いくら薬を飲んでも根本的に止められないといった現実があります。

いったいどうしたら止まらい過食から自由になれるのでしょうか?
いったい誰がその苦しみから自分を解放してくれるのでしょうか?

 

過食から自由になるためには仕組みを知る必要があります。

はっきり言います。
過食を克服するのは自分自身しかありません。
それを止めるのは自分自身でしかありえません。

止まらない食べ過ぎという状態は自分の無意識チグハグが創り出しているからです。
誰かのせいで食べ過ぎているわけではないのです。
本人がやめるしかありません。

しかし…
そのために必要なことがあります。
それは過食してしまう心の奥底に隠されたものを理解することです。
さらに心と身体の仕組みと方程式を使いこなすことです。


お腹がいっぱいなのにどうして食べることを止められないのか?
痩せたいはずなのにどうして食べ続けてしまうのか?
何度自己嫌悪してみてもいつも繰り返してしまうのはなぜなのか?

そこには頭からは見えない無意識に隠された原因と理由があります。
それを理解して自分自身が止めるしかありません。

食べ過ぎは自分でやめるしかありません。
無意識の奥に在る根本的原因は本人にしか解消することはできません。
そのための支援となると思われることを少しでも伝たいと思います。

あきらめないでください。
どんなことにも原因と理由があります。

それが明確になれば過食は必ず止められます。

過食という名の食べ過ぎは止めることが可能です。

 

多くの人が止まらない過食という一見立ち向かうことさえ不可能に思える怪物の正体に気づいていきました。

そして等身大になった問題を自分の力で解決していきました。

多くの人が過食という壁が乗り越えられないようなものではないと気づいていきました。

そしてそれを乗り越えることで大きな自由と自信を手に入れていきました。

 

過食はあくまで自分がやっていることです。

けして誰かのせいで無理やり食べ過ぎているわけではありません。


自分という内側で起きていることで、自分自身に解決のできない問題は存在しないと思います。
このサイトがそういった過食や摂食障害といったひどい食べ過ぎからの自立を目指す人にとっていくらかでもサポートになればと心から願っています。

 

★無料通信のご案内★

 ここでは今も毎日10人前後の人達が過食や過食嘔吐を止めるために滞在されています。

理由も原因もさまざま。

症状としての過食症や過食嘔吐を手放すのに要する期間もさまざま。

そしてそれらの問題の本質に気づいてゆくきっかけもさまざまです。

 

現在の形になるまでにいろんなことがありました。

最初のころから比べると手法もアプローチもどんどん変化してゆきました。

失敗して後悔したこともあります。

しかしそれゆえにはるかに進化した手法が生まれてきたことも事実です。

そして今も日々進化し続けています。

 

そんな過食と向き合う現場からのメッセージを無料通信として配信しています。

毎回内容は違いますが、最新の事例や解決のためのヒントをお届けする予定です。

ご興味のある人はお気軽にご登録ください。

止まらない過食とどう向き合ってゆくのか…

食べ過ぎと後悔という負のスパイラルからどうやって抜け出すのか…

その一助になれば幸いです。

 

ここをクリック→   無料通信登録ページ

過食説明イラスト

 

最後に止まらない過食を手放すことで手に入るものを伝えたいと思います。

今は苦しくて辛い時期かも知れませんが、希望を失ってほしくありません。

こんなことを書くと過食を止めることこそが希望だと思っている方もいらっしゃると思います。

しかし、過食を止めることによって手に入る希望とはもっともっと大きな希望なのです。

 

ここで過食症と診断された酷い食べ過ぎを手放していった人達が大勢います。

10年どころか20年30年続いた過食嘔吐を完全に手放していった人達もたくさんいます。

 

その人たちは大きく変わっていきました。

今まで苦しんできた家族との関係をまるで変えていった人達。

ここを出てすぐに新しいパートナーに出会って結婚していった人達。

新しい仕事や夢に向かって走り出していった人達。

海外へ旅立っていった人達。

 

過食や過食嘔吐を手放すと人は大きく変わります。

何故でしょうか?

 

今まで過食やダイエットばかりに費やしていたエネルギーが別なことにもっと建設的なことに使えるようになるからです。

 

振り返ってみてください。

いったいどれほどのエネルギーを食べることと後悔することに費やしてきたでしょうか。

いったいどれくらいの時間を痩せては太るダイエットの繰り返しに費やしてきたでしょうか。

それに費やしてきた時間とお金とエネルギーの使い方に満足していると感じられるでしょうか。

 

もちろんそんな酷い過食症や摂食障害の人ばかりではないと思います。

しかし食べることで苦しむ多くの方が程度の差こそあれ時間とお金とエネルギーを浪費してきているのではないでしょうか?

 

そのエネルギーが戻ってきます。

そしてそのエネルギーは今度は違うことに使えます。

それはいずれ果てしないほどの成果の違いを創造していきます。

 

自由な自分を取り戻せます。

 

自分が心から満足できる人間関係を築いてゆくために。

自分が望む夢と成果を実現してゆくために。

自分が本心から望む自分だからこその人生を生きてゆくために。

 

それこそが自分のためのご褒美です。

過食を手放した後に用意された自分自身からのプレゼントです。

 

ぜひそれを受け取っていただきたいと思っています。

だからけしてあきらめないでください。

止まらない過食は手放せます。