過食とは意志に反して止まらないひどい食べ過ぎのことを言います。

過食の原因と仕組み

過食の原因と仕組み


過食説明イラスト

過食やひどい食べ過ぎなど、食べることに苦しむ人が増えています。

過食という名の自傷行為。
過食という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
単に食べ過ぎが続いてるくらいにしか本人が気づいていない場合から過食嘔吐まで。
多くの人が食べることに苦しみ振り回されている現状があります。
過食しているほとんどの女性が人前では食べ過ぎない。
自宅で食べ過ぎを続けていても他人には隠している。
そういったこともあって世間では過食という名称さえ知らない人達もいます。
しかし実際には食べることで苦しんでいる女性の数は相当なものだと実感しています。

10年間ダイエット施設を経営してきた中で何百人という食べ過ぎに苦しむ女性に出会ってきました。
無理なダイエットや拒食の後にリバウンドとして起きる止まらない食べ過ぎ。
極端な痩せたい願望の無意識的反動としての摂食障害や過食症。
休みの日になるとストレス発散のために食べ過ぎてしまう程度から。
ひどい場合は毎日続く過食嘔吐や止められない下剤の乱用。
そして、他人の目への極度の緊張からうつやひきこもりといった気分障害の併発。
止まらない過食嘔吐に朝まで徹夜でつき合ったこともあります。
パニックを起こして包丁を握りしめた人を夜中じゅう抑え込んでたこともあります。
逆に恨まれて誹謗されたこともあります。

では何故こんなサイトを立ち上げたのか?
それは元気になった人達から応援されるからです。
幸せになって子供の写真や近況を知らせてくれる人達が多数いるからです。
そして、力になれなかった人達を想うと今も辛く悔やまれるからです。

今はもう元気に自分の人生と食べることを楽しんでいる人もいます。
今もまだ衝動に振り回されている人もいます。
そして今も周りには過食や慢性的食べ過ぎの克服に取り組んでいる人達がいます。

いったいどうしたら過食から自由になれるのでしょうか?
いったい誰がその苦しみから自分を解放してくれるのでしょうか?

衝動から自由になるためには仕組みを知る必要があります。

はっきり言います。
過食を克服するのは自分自身しかありません。
それをやめるのは自分自身でしかありえません。
誰かのせいで食べ過ぎているわけではないのです。
本人が止めるしかありません。

しかし…
そのために必要なことがあります。
それは食べ過ぎしてしまう心の仕組みを理解することです。
心と身体の仕組みと方程式を使いこなすことです。
お腹がいっぱいなのにどうして食べることを止められないのか?
痩せたいはずなのにどうして食べ続けてしまうのか?
何度自己嫌悪してみてもいつも繰り返してしまうのはなぜなのか?
それを理解して自分自身が止めるしかありません。

過食は自分でやめるしかありません。
無意識の奥に在る根本的原因は本人にしか解消することはできません。
そのための支援となると思われることを少しでも伝たいと思います。

あきらめないでください。
どんなことにも原因と理由があります。
自分という内側で起きていることで、自分自身に解決のできない問題は存在しないと思います。
このサイトがそういった過食や過食症、摂食障害といったひどい食べ過ぎからの自立を目指す人にとっていくらかでもサポートになればと心から願っています。

 

無料通信のご案内

 ここでは今も毎日10人前後の人達が過食を止めるために滞在されています。

理由も原因もさまざま。

改善に要する期間もさまざま。

そして改善されてゆくきっかけもさまざまです。

 

現在の形になるまでにいろんなことがありました。

最初のころから比べると改善方法もどんどん進化してゆきました。

失敗して後悔したこともあります。

しかしそれゆえにはるかに進化した手法が生まれてきたことも事実です。

そして今も日々進化し続けています。

 

そんな改善現場からのメッセージを無料通信として配信しています。

毎回内容は違いますが、最新の事例や改善のためのヒントをお届けする予定です。

ご興味のある人はお気軽にご登録ください。

過食症や摂食障害とどう向き合ってゆくのか・・・

その一助になれば幸いです。

 

ここをクリック→   無料通信登録ページ