過食は身体の欲求ではありません。奥に隠された原因と理由があります。

過食の原因と仕組み

過食には原因があります。
そしてそのほとんどが無意識下に存在しています。

けして血糖値や栄養バランスは本質的原因ではありません。
それらは過食という行為行動の結果として肉体的に表現されている表象のひとつに過ぎません。


無意識下にある原因となっているものにはいくつかの共通のパターンがあります。

そのうちのひとつをご紹介しましょう。


それは、

「私は太っている」

というセルフイメージです。


ここには摂食障害の改善以外にもダイエット目的の方もいらっしゃいます。
そして単純にダイエット目的でいらした方がこんな風におっしゃることが多々あります。

「みんな太ってないのに。どうしてダイエットする必要があるの?

もちろん過食によって急に体重が増えて身体的にもつらい思いをしている人もいます。
けれど実際にダイエット目的のみでお越しになられた方からするとそんなに太っているとは見えない人が多いのも事実です。


あくまで極端な例ですが、中には35キロほどの見るからに痩せすぎた状態でどうしても30キロ以下になりたいという人もいます。
数字の問題ではありません。
その人自身が自分を強迫観念的に太っていると感じてしまっています。
そして痩せなければならないと信じ込んでしまっています。


実際は、上記したように極端な痩せ願望の人はまれです。

しかし、

エッセンス的には同じようなことを感じている人がいます。
それが何キロであろうと。
自分が太っていると必要以上に信じ込んでしまっている人がたくさんいます。



「私は太っている」

そう信じ込むことで周りの目に極端なコンプレックスを感じてしまったり。
恥ずかしいから人前に出られない。
そんな風に必要以上のプレッシャーを創り出してしまったり。


「今の私はちょっと太り気味だな」
自分のベストより少し太ってしまったからちょっとダイエットして楽な状態に戻そう」

あくまで自分を客観的にみて自分の状態を認識することに何の問題もありません。

しかし、必要以上に自分を太っていると感じることには何のメリットもありません。
逆に劣等感や過食衝動を創り出してしまうばかりです。



無意識層においては、
「私は太っている」というセルフイメージがプログラムとして働く場合があります。

無意識層は頭とは違います。
自分にメリットがあろうがなかろうがセットされたプログラムは自動的に実現のために働きだします。

そこに「私は太っている」というセルフイメージをセットしてしまうと…

今度は自分の信念を実現化するためにもっと食べたいという身体感覚を創り出して。
そして過食という行動を経て自分が持った信念を実現させようとする場合があります。

人によっては、周りから見れば異常とも思える極端な痩せ願望となる場合もあるでしょう。

中には太ろうとする無意識と痩せようとする頭の矛盾に振り回される人も出てくるでしょう。

過食嘔吐や過食と拒食の繰り返しのように。


もしみなさんの中に「私は太っている」という必要以上に強い強迫観念をお持ちの方がいらしたら。
それから自由になることを考えてみてください。

単に太ったのなら、単にダイエットすればいい。
だから必要以上にそのことを気に病むことをやめるようにしてみてください。

何故なら、そこにメリットがないからです。
強迫観念的に自分を追い込むばかりかダイエットの足を引っ張るばかりだからです。


なかなかそうは思えないこともわかります。
そう言われたからといって簡単に手放せない人がいることも理解しています。


しかし、そこから開放されればまるで違う自分が発見されるかもしれません

体形だけにに縛られない、体重などに左右されない、もっともっと魅力的なあなたが隠されているかもしれません。


自分をちゃんと見てあげてください。
自分を正当に認識してあげてください。

誰でも時には太ることも痩せることもあります。
体重はいつだって変動し続けています。

囚われすぎないでください。
必要以上の強迫観念はマイナスしか作り出しません。

ゆとりがあってこそ適切な行為行動が生まれます。