過食そして過食症、拒食症、過食嘔吐の症状の違い。

過食の原因と仕組み

第1回~過食症状の違い~

 過食、過食症、過食嘔吐、拒食…摂食障害。
それらはいったいどう違うのでしょうか?
 単に表面的症状の違いだけなのでしょうか。

 過食というのは簡単にいうと極度の食べ過ぎのことです。
 誰にでも経験がありますよね。
 食べ過ぎることぐらい。
ストレス喰いという一時的な食べ過ぎもこの範疇に入ります。

 

それが一定の頻度で起こりだすと過食症です。
 人によっては週1度の休みの日になると一日中食べ続けてしまうという人もいるでしょう。
 人によっては数日間続いては治まり、また数日間続いては治まる人もいるでしょう。
そして一定の時刻になると過食してしまう人もいれば、一人になったとたん過食が始まる人もいます。
 中には実家に戻ったり家族と関わり合うことで過食が起きる人もいます。
 人によってパターンやきっかけとなる状況は違いますが止めようとしても止まらない食べ過ぎが一定以上の頻度で起きる状態が過食症と分類されます。

共通の原因としては極端な痩せ願望の裏に隠された無価値観や低すぎる自己肯定感などが隠されています。

 

 過食嘔吐はそれに吐くという行為が連結したものです。
もちろん食べても太らないからと、吐き始める人がほとんどです。
しかしそれを続けていくうちに吐くことそのものが目的になってしまう人もいます。
 吐かなければ気持ちが悪い、スッキリしない、気がおさまらない。
 吐くことが目的となってしまっている場合の方が症状が重いことが多いと思います。

過食症と同じく極端な痩せ願望など共通の原因が存在します。

しかしそれとともに罪悪感や自己否定が強い場合に嘔吐を伴っていることが多いと思います。

 

 拒食は10代の死因のトップになるほど増え続けています。
 生命の危険がありますので病院で緊急措置が取られる場合もあります。
その治療経験そんものがトラウマ化して問題が複雑化することもあります。
いずれにしても拒食という身体に負担をかけた行為を続けた後のリバウンドとして過食になることがほとんどです。
 人によっては過食・拒食を繰り返すパターンもありますし過食ばかりが続く場合もあります。

原因としては成長して社会(学校)に出てゆくことに対する怖れ。

親に対しての無意識下でのアピールなどが多く見受けられます。

 

 上記した過食と摂食障害で苦しんでいる人が増えています。
 病院に入院したり通院したりしてもなかなか治らない。
 現在の医療では治癒率が1%ないともいわれて難病指定されています。
お医者さんの中にも一生治りませんと断言する人達もいます。

しかしどうしても伝えたいことがあります。
それは過食や摂食障害はけして治らない病気ではないということです。

 実際に今日ここに滞在している人達の中には3人の治った人達がいます。
サポートや遊びに来てくれている人達です。
そのうちの2人は最初ここに来た時は過食がひどくて仕事に行けなくなって引きこもっていた人です。

 本人に治そうとする意志があればいつか必ず治ります。
そのことをまず認識してください。
 誰かの言葉で勝手にあきらめたりしないでください。

 過食は必ず治せます。
もちろん改善期間や方法は人によって違います。
けれど必ずやめることができる行為です。
そのことを心にとめておいてください。
それが何より重要です。