過食は身体の欲求ではありません。奥に隠された原因と理由があります。

過食の原因と仕組み

過食から自由になるために。イメージ画像

 

食べ過ぎから自由になるためには仕組みを知る必要があります。

いったいどうしたら意に反して起きる自動的食べ過ぎを止められるのでしょうか?
どうしたら自己嫌悪することがわかりきっていながら続けてしまうこの行為を止められるというのでしょうか?
朝から晩まで食べることや太ることへの恐怖に振り回される毎日から自由になれるというのでしょうか?
 
はっきり言います。

 
過食を克服するのは自分自身でしかありません。
それを止めるのは自分自身でしかありえません。


止まらない食べ過ぎという状態は自分の無意識内チグハグが創り出しているからです。
誰かのせいで食べ過ぎているわけではないのです。
本人がやめるしかありません。


しかし…
そのために必要なことがあります。


それは過食してしまう心の奥底に隠された本質的原因と本当の理由を理解することです。
さらに心と身体の仕組みと方程式を理解することです。
何故そういった行動をしてしまうかがわからないうちはそれを止めることはできません。
理由のわからないままに根性や意志の力で止めることなど不可能だからです。
 
お腹がいっぱいなのにどうして食べることを止められないのか?
痩せたいはずなのにどうして食べ続けてしまうのか?
何度自己嫌悪してみてもいつも繰り返してしまうのはなぜなのか?
そこには頭からは見えない無意識に隠された原因と理由があります。
それを理解して自分自身が止めるしかありません。
食べ過ぎは自分でやめるしかありません。


無意識の奥に在る根本的原因は本人にしか解決することはできません。 

 

無意識の問題を解決するためには?

無意識を理解するために独自のカリキュラムが存在します。

興味のある方は、この項目メニューサイドバーから

過食を止める方法(1)

過食を止める方法(2)

過食を止める方法(3)

をご覧になってみてください。

 

また、過食症や過食嘔吐、拒食への基本的アプローチの仕方は、

過食の原因と仕組みtopページをご覧ください。

 

食べ過ぎ地獄とダイエット地獄を手放した後に受け取るもの

過食や過食嘔吐を手放すと人は大きく変わります。
何故でしょうか?
 
今まで過食やダイエットばかりに費やしていたエネルギーが別なことにもっと建設的なことに使えるようになるからです。
 
振り返ってみてください。
いったいどれほどのエネルギーを食べることと後悔することに費やしてきたでしょうか。
いったいどれくらいの時間を痩せては太るダイエットの繰り返しに費やしてきたでしょうか。
それに費やしてきた時間とお金とエネルギーの使い方に満足していると感じられるでしょうか。
 
もちろんそんな酷い過食症や摂食障害の人ばかりではないと思います。
しかし食べることで苦しむ多くの方が程度の差こそあれ時間とお金とエネルギーを浪費してきているのではないでしょうか?
 
そのエネルギーが戻ってきます。
そしてそのエネルギーは今度は違うことに使えます。
 
自由な自分を取り戻せます。
 
 
過食を手放した後に用意された自分自身からのプレゼントです。
だからけしてあきらめないでください。
止まらない過食は手放せます。
 

★無料通信のご案内★

ここには今も毎日10人前後の人達が過食や過食嘔吐を止めるために滞在されています。
理由も原因もさまざま。
症状としての過食症や過食嘔吐を手放すのに要する期間もさまざま。
 
そんな過食と向き合う現場からの報告を無料通信として配信しています。
毎回内容は違いますが、最新の事例や解決のためのヒントをお届けする予定です。
ご興味のある人はお気軽にご登録ください。
止まらない過食とどう向き合ってゆくのか…
食べ過ぎと後悔という負のスパイラルからどうやって抜け出すのか…
その一助になれば幸いです。