心身リセット合宿とは?

過食の原因と仕組み

心身リセット合宿のご案内

心身リセット合宿 和(やまと)のご案内
調代謝法合宿イメージ

「道場 和(やまと)」は過食を手放すための心身リセット合宿です。

もともとはプチ断食とファスティングをベースにした女性のためのダイエット合宿施設でした。

しかし摂食障害やうつ病によって苦しむ人が増加している最近は過食を止めるために利用される方が増え続ける一方でした。

ここでのメンタル面までをホリスティックに統合化したメソッドが酷い食べすぎや過食を止めることに活用できたからです。

 

そして、

この2017年3月より当施設は当面の間は過食や過食嘔吐を手放すための合宿として専門特化しました。

あまりにも無理な断食やダイエットなどによって反動として過食になり苦しむ人達が増えすぎているからです。

本来の断食目的とかけ離れた一部の風潮と現実に心を痛めるからです。

 

これによって講義内容やスケジュールが過食の仕組みやそれを手放すための方法に特化することが可能となりました。

過食の仕組みや原因となる無意識の理解と動かし方の習得。

過食の根本的原因となるメンタル要因の解決方法と実践。

過食を失くしながら進めるリバウンドしないための健康的ダイエットと食事法の実践。

 

従来に比べてより焦点を絞った合宿内容となることで以前より短期間での取り組みが可能となると考えています。

 

滞在中の食事内容も変わります。

基本はプチ断食やファスティングによる断食リセット食ですが帰ってからの食生活の中心軸を構築してゆくための玄米少食も組み込まれます。

滞在期間や個人的状態によって変わりますが、

過食で疲れた胃腸のリセット。

その後の複食。

新しい食生活のための食の中心軸作りまで 。

自分に合った形での体験が可能となります。


講義内容が特化されることによって目的に合わせた成果をあげることが可能であると考えています。

もちろんそれですべてを手放せるわけではないかもしれません。

しかし仕組みと改善方法を理解することはその後の実生活を通しての取り組みの成果を大きく変えられます。

 

【3~5日間】

まずは過食の仕組みと原理、そしてどうすれば手放せるかに触れてみてください。

期間は短くともそれがスタートとなり得ます。

【1週間】

合宿中に学んだことを帰ってから実生活の中で落とし込んでいってください。

もちろん早い方は滞在中に解消する方もいらっしゃいます。

【2週間】

一通りの講義を受講することが可能ですし衝動を消すための実践法も練習できます。

集中して学び実践するためにはお勧めの期間です。

【3週間】

肉体的に新しい習慣を定着させるためには適した期間です。

【数ヶ月の長期滞在】

「完全に過食を手放すため」「新しい自分の発見」のために一定の期間が必要な場合は、30日以上滞在の長期滞在時に利用できるヘルパー制度も用意されています。
31日目以降お手伝い期間を経て¥0で滞在可能となりますので時間に余裕があって本気で自分を変えたい人はご利用ください。

もう大丈夫と自信ができるまで滞在してもかまいませんし、合宿所と実生活の場を行き来することで実践的に進めていってもけっこうです。

 

*過食を完全に卒業したみなさんもよく遊びにきますのでそういった人達から話を聞かせてもらうことも参考になると思います。

 

合宿に興味のある人は姉妹サイトのHPをご覧になってみてください。
  ↓リンク
自分を変える断食道場 「心身リセット合宿 道場和(やまと)」