スイッチが入ると食べ過ぎが止まらない・・・

過食の原因と仕組み

もうひとりの自分イメージ

過食症の後ろに隠れているもうひとりの自分。

もうひとりの私…
それは何のことでしょう…多重人格?いえ、違います。

きっと誰にでも心当たりがあるのではないのでしょうか。
友達といる時。恋人といる時。会社の上司といる時。家族といる時…
その時々に違う顔をした自分がいることに気づきませんか?
そういったいろんな顔を持つ自分というキャラクターを無意識に使い分けているのが人間です。
問題は、自分の意思に反して出てくる、コントロールの効かないもうひとりの自分です。

たとえば過食症。
もうお腹いっぱいのはずなのに。
身体はもうこれ以上食べたくはずなのに。
太りたくないから食べてはいけないはずなのに。
吐きそうになりながらも食べ続けてしまう自分。
こういったコントロールの効かない自分を分離意識と呼んでいます。
度を越した過食や過食嘔吐は典型的な分離意識の仕業だと考えることができます。

過食以外でもいろんな局面で自分を振り回すもうひとりの自分がいます。
一人ぼっちはさみしいはずなのに人から離れて閉じこもる自分。
人と仲良くしたいのに思ってもない態度や言動で人を遠ざけてしまう。
やらなければならないと思っていてもどうしても身体が動かない。
うつや躁鬱状態、理由のない落ち込み、極端な感情の浮き沈み…

そして、そうした自分に振り回された後におこること。
それは自己嫌悪です。
そして自己嫌悪すればするほど自分の中の分離は進みます。
当然ですよね、自分が自分自身を嫌っているわけですから。
理解しあうことのないもうひとりの自分はさらに自己嫌悪を招く行動を繰り返します。
それは自分とのケンカであり、一種の自傷行為です。

過食症や拒食症はこういった無意識内にある分離意識が主導権を取ることで起こります。
食べ過ぎ以外でも自分にとってどうしてもうまくいかないこと、苦しみや後悔。
何度となく繰り返してしまうような失敗のほとんどにこの問題が関係していると言っても言い過ぎではないと思います。